2017年06月22日

帰国〜就活


P_20170614_145542_HDR.jpg
習慣で何かをやるのがすごい苦手な僕、案の定この日記も理由をつけて放置してしまった。

この度無事帰国したのを報告したい。

留学生にとって往々にして帰国とは就活の始まりを意味するのだが

留学前に仕込んでおいた種が見事花咲き、なんと帰国前に行きたかった会社から内定を頂くことができた。

留学で日本の就活の仕組みに乗り就職することを躊躇した期間もあったけど

現状持ちうるスキルを考慮すればこの選択肢は間違いではないと思う。

残りの半年はそんなに忙しくないはずなので

自ら忙しくしていこうと思う。

今日は約一年ぶりにスペイン語の授業に顔を出しに行く。
posted by gsxs750 at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

スペインに見る日本政治の未来

最近勉強しているスペインの政治について、興味深い記事が見つかったので訳しました。

この記事は、現代のスペイン政治を沸かせる新興二大勢力、PODEMOS(ポデモス、「ぼくらはできる」という意味、急進左派)とCIUDADADOS(シウダダノス、市民党、自由主義)が合意に達した、という記事です。

この一歩はほんの小さな合意にすぎませんが、今後のスペイン政治における大きな一歩になるのでは、と感じています。

伝統的な右派PP(国民党)と左派PSOE(社会主義労働党)の二大政党制がフランコ独裁後長く続いていたスペイン国会に、新興二大勢力であるポデモス、シウダダノスが表れたのはここ数年の出来事。

しかしながら、彼らはSNSなどの現代ツールを武器に、数年であっという間に支持を集め、現在では伝統二大政党制を脅か素ほどの存在感を見せています。

そのメインの支持層は若者たちです。スペインでは、若者の政治参加が実を結びつつあるのです。

この新興二党は、昨年の首相決めの際のゴタゴタで仲たがいしていました。

しかし、今回の「反腐敗・組織再生」の改革案について根本的に合意に達しました。

彼らはスペイン政治をひっくり返す力を持っていますが、当然ながら協力したほうがその威力は増大します。

これから潜在同盟として、あるいは本格的に協力していく一歩となるのか、どうなるか見ていきたいです。

では、El País紙電子版から。ソースはこちらで。

以下記事全文。抄訳につき誤訳御免です。


Podemos y Ciudadanos han constatado este viernes su "acuerdo pleno" en el proyecto de modificar la Ley de Gobierno para limitar los mandatos presidenciales, que adelantó EL PAÍS y podría afectar al futuro político de Mariano Rajoy. Ambos partidos han acordado además que se "coordinarán" para impulsar conjuntamente en el Congreso medidas de lucha contra la corrupción y por la regeneración de las instituciones, tras mantener una reunión en la que los representantes de las dos formaciones han dado por inaugurada una nueva etapa en sus relaciones. Ha sido la primera cita bilateral entre los representantes de Pablo Iglesias y Albert Rivera. Del conflicto abierto se ha pasado a una incipiente alianza para lograr reformas que permitan combatir la corrupción. Podemos y Ciudadanos, en cualquier caso, necesitan lograr el apoyo del PP y del PSOE para conseguir sus objetivos.

"Se ha planteado la necesidad de que nos sigamos reuniendo para hablar de otros asuntos, sobre todo del ámbito de la regeneración democrática, en el que Podemos tiene en mente hacer nuevas propuestas", ha resumido José Manuel Villegas, secretario general de Ciudadanos, durante una rueda de prensa. "Ellos están dispuestos a presentárnoslas antes y nosotros a hablar de ellas y a poder coordinarnos en ese aspecto".

"En la agenda anticorrupción de Ciudadanos, en la que no coincidimos en todo, hay fines y objetivos similares y estamos abiertos a buscar las intersecciones y acordar sin cortapisas", explicó por su parte a EL PAÍS Txema Guijarro, secretario general del grupo parlamentario de Podemos. "Hay una geometría parlamentaria que no está predefinida(). Nuestra hoja de ruta es nuestro programa".

La cita ha tenido su origen en que el PP haya incumplido su compromiso de impulsar esas dos medidas, recogidas en el pacto de investidura que firmaron Marino Rajoy y Albert Rivera. Desde entonces, Ciudadanos busca apoyos entre los partidos de la oposición. Sin embargo, las dos nuevas formaciones seguirán necesitando la complicidad de las tradicionales para realizar esas reformas.

La suma de PSOE, Podemos y Ciudadanos (que ya se han puesto de acuerdo para abrir la Comisión de investigación de la presunta financiación ilegal del PP) sería suficiente para cambiar la Ley de Gobierno y limitar los mandatos presidenciales a al menos ocho años o dos legislaturas, lo que podría afectar al futuro político de Mariano Rajoy. Los representantes de Iglesias y Rivera coinciden también en su deseo de eliminar los aforamientos, pero difieren en el método. Podemos quiere incluir ese cambio en una reforma amplia de la Constitución y Ciudadanos acotarla a una modificación puntual. “Quizá sería un buen momento para que votemos todas las cosas juntas, los aforamientos, la limitación de mandatos y también el artículo 135 y su modificación”, ha afirmado la portavoz parlamentaria, Irene Montero, en declaraciones en el Congreso. El proyecto se ve dificultado porque no podrán sacarlo adelante sin el apoyo del PP y del PSOE.

Ese escollo no impide que los dos partidos apuesten ahora por explorar la posibilidad de ampliar su colaboración a otros asuntos.

Podemos y Ciudadanos irrumpieron en la política nacional unidos por su intención de encarnar el cambio, la lucha contra la corrupción y la regeneración de las instituciones. Sin embargo, esas relaciones se agriaron hasta llegar a un aparente punto de no retorno cuando Iglesias y Rivera se declararon mutuamente incompatibles durante las negociaciones que emprendió el socialista Pedro Sánchez para intentar llegar a La Moncloa, en febrero de 2016. Desde entonces, el desencuentro entre Podemos y Ciudadanos se ha profundizado. Los dos partidos han llegado a protagonizar agrias discusiones en mitad del Hemiciclo. Hasta ahora. La necesidad de demostrar su utilidad ante los electores, y el deseo de aprovechar la minoría del Gobierno, ha hecho que ahora esa dinámica cambie. El deshielo ya es oficial.




先にエル・パイス紙が進め、マリアノ・ラホイの政治の将来に影響していたであろう首相任期制限に関する法律の修正案について、ポデモスとシウダダノスは「完全合意」に至ったとこの金曜に発表した。

両組織の代表者たちが二政党間関係が新たな段階に入ったとみなした会合ののち、両党はさらに国会において腐敗に対する闘いと組織の再生措置についても国会において「協力していく」ことに合意した。

その会合は、パブロ・イグレシアスとアルベール・リベラ両者の代表者による初の二政党間会合だった。

公然とした衝突から一転、腐敗を根絶する改革を成功させるための初期の同盟段階へと入った。

いずれにせよ、ポデモスとシウダダノスは目的達成のためには国民党・社会主義労働党の助けを必要とする。


「他の事柄、特にポデモスが新たな提案を秘めている民主主義の再生についても話すために会合を続ける必要も生じました。」

シウダダノスの総書記、ホセ・マヌエル・ビジェガスは記者会見でこう述べた。

「彼らはその提案について我々に話す準備ができていますし、我々もそれについて話し、協力していく準備ができています。」



「シウダダノスの反腐敗政策は、すべてにおいて合意できるわけではないが、似た目標と目的があり、その交点を探し、条件なしの合意をする準備はできている。」

ポデモスの総書記、チェマ・ギハロはエル・パイス紙に語った。「まだ定義されていない国会の幾何学がある。我々の予定表は我々のものだ。」※ここはよくわかりません。笑



この会合はマリアノ・ラホイとアルベール・リベラが署名した叙任合意に記載されたこの二つの措置(※腐敗対策・組織再生)を加速させるという約束を国民党が果たさなかったことに始まりを見る。

それから、シウダダノスは反対勢力に支持を探している。しかしながら、二つの新たな改革案の実現は伝統的な二政党(※国民党、社会主義労働党)の参加を必要とするだろう。



PSOE(社会主義労働党)、ポデモス、シウダダノス(すでに国民党の財政不正容疑についての調査委員会を開くことに合意済み)の連合は、ラホイの政治生命に影響するであろう、首相任期を少なくとも8年または2任期に制限する政府法の改変には十分だろう。

イグレシアスとリベラの代表者たちはまた、特権を排除する願望もあるがそれについては延期となった。

ポデモスとしては幅広い憲法改正にこの問題を盛り込みたいところだが、シウダダノスは即時的な改革を望む。

「ともするとこれは特権廃止、任期制限、そして135条とその改変についてまとめて投票するためのいい機会なのかもしれない。」

国会報道官イレネ・モンテロは国会で述べた。

しかし、国民党とPSOEの助けなしには進まないことから、この計画は難しくなるだろう。



この暗礁はは各政党が他の議題についても協力関係の拡張可能性を模索することに賭けけることを妨げはしない。



ポデモスとシウダダノスは反腐敗・組織再生という変化を具現化するために残酷政治の世界に飛び込んだ。

しかし、2016年2月に社会主義者パブロ・サンチェスが始めた叙任可能性の協議の期間に、イグレシアスとリベラが彼らは互いに相いれないと宣言してから彼らの関係は修復不可能な点まで達した。

それからというもの、ポデモスとシウダダノスの間の溝は深まっていた。

この二党は半円形(※国会)の真ん中で分かり合えない議論を続けてきた。それもここまでだ。

有権者の前で彼らの有用性を示す必要があり、絶対過半数に満たない政府の状況を利用すべく、この動態を変えたのだ。和解は今や公式のものだ。


こういう記事の翻訳がどれくらいの時間がかかるか知っていますか?

今回は全部で2時間くらいかかっています。笑

記事を読んで内容をなんとなく把握するだけなら、15分もあれば十分です。

しかし、一字一句訳す、自然な日本語にする、関連情報を調べる、といった作業を入れると意外に時間がかかってしまいます。

これに関してはどれだけ訳したかの「量」に依存すると思いますが。

訳することを通じて、理解が深まるのでこの作業は好きです!


さて、僕がなぜこの新興二大勢力に注目するかというと、日本の政界でも同じような変化が起こってほしいと切望しているからです。

彼らは若い政党ですが、確かな支持を集め、影響力を増しています。

これは間違いなく政治を変えるでしょう。

日本に目を向けると、どうでしょう。年金問題は崩壊目前、いや、事実上の崩壊

政治家が打ち出す政策はご老人向け。若者の声なんてどこ吹く風です。

そしてぼくら若者は、無関心です。よくて、「日本の政治はだめだ」と愚痴ります。

残念ながら投票に行く人も少ないです。

でも考えてみてください。僕ら若者が持っている唯一の政治参加手段は「投票すること」です。

はじめは若者の意思は反映されないでしょう。あるいは、投票したいと思える政党や候補者がいないかもしれません。

それならば、「白票」を投じればいいと思いませんか。

潜在票に気づいた政治家は、僕らに目を向けた政治をしてくれるはずです。

この好例がこのスペインの例なのです。

日本の大学生はスペインに目を向けるべきです。政治についても、来る移民問題についても良い手本なのですから。

日々の個人の生活の質ばかり追求して、政治参加をしないこと。愚かだと思います。

政治を通じた社会改革こそ、日々の個人の暮らしをよくする最良の手段ではないでしょうか。

時間はかかるでしょうけれど。

僕は今我慢している状態です。

「あ、だめだ」と確信したら、日本を捨てます。

日本は好きなので、それはつらいことですけれど。

来るかもしれないそのときために、日本の外で生きていくために必要なスキルを着々身に着けている最中なんです。

みんなもっと、日本の将来を真剣に考えてみませんか。









posted by gsxs750 at 02:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

最近

最近、忙しい。

忙しいという言葉は言い訳じみて聞こえるのであまり使いたくない。

別の言葉で言いかえれば、日記の優先順位を下げざるを得ない状況。

前回の記事が何についてだったかすら忘れるほど更新を怠っている。

ただまあ、更新しないと。という強迫観念にとらわれるのも嫌なので気楽にやるとしよう。


二学期ももう終わりに近づいている。この二学期、本来はもっと多くの授業を履修するつもりだったのだが

スペイン語の授業が予期しない時間割で入ってきたので当初の予定より少ない授業数。

はじめは物足りないかと思っていたけれどそんなことはなかった。

スペイン語もレベルが高く、復習にかける時間が増え、もう一方の授業もアウトプットの多い授業なので準備にかける時間が多い。

そして、最近やるべきことが増えてきているので正直この授業数でよかったかなと思っている。

そうはいっても、日本と違い一科目が週に複数コマあるので授業時間はそれなりに多いが。


大学生活で一番勉強しているんではないかと思う。就活生ということもあり、準備も着々と。

ただ留学をなおざりにしたくはないので今まで暇にしていた時間を充てているだけ

最近思うこと「理工学部に行きたかった」

後悔先に立たず、です

特に米国からの留学生からの影響なのだが、プログラミングを含めたITスキルの高い学生が多い(文理かかわらず)

逆に日本ではポピュラーではなく、一部の理系学生のみ、といったイメージ

ただ、間違いなく必須スキルだと感じるようになった。というわけで、高校で触ったマクロ以来の

プログラミングの勉強を始めました

新しいことに挑戦するのはやはり気持ちが良いです。

まるで小学生のように日々好奇心とともに精進

好奇心ってすごい原動力だよね

毎日バスケットをして体も動かすようにしている

さあ、もうひと頑張り

P_20170302_100458_vHDR_Auto.jpg

先日訪れた「カタルーニャ州議会」
El Parlament Català





posted by gsxs750 at 03:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。